アイスクリーム・ワールド > ジェラートについて > ジェラートの歴史

ジェラートの歴史

今や世界中で愛されているジェラートですが、実はその歴史はとても古いものです。
では、ジェラートはどのように誕生して今に至っているのでしょうか?
ここでは、ジェラートの歴史について探って行きたいと思います。

 

スポンサードリンク


ジェラートの起源には諸説ありますが、最も古い記録として残されているのが旧約聖書。
この中で、長老たちは氷雪にミルクシャーベット風の氷菓を食べていたとされています。

 

また、有名なローマの英雄ジュリアス・シーザーもアペニン山脈から氷や雪を家来たちに運ばせ、それにミルクやハチミツ、ワインなどを混ぜたものを好んでいたとされています。
これが純粋にデザートとしてジェラートを楽しんでいた始まりと考えられています。

ローマの皇帝ネロも、このジェラートの元祖と言えるデザートを好んでいた人物のひとり。彼もまたアルプスから万年雪を運ばせて、果汁、ハチミツ、バラやスミレの花から採った液体などをかけて作ったものを楽しんでいたと言われています。
このデザート「ドルチェ・ビータ」は、広くローマ市民の間にも広がり人気を集めました。

 

また、別の説として、アイスクリームは実は中国で発祥しその後イタリアへ渡ったとも言われています。そしてそれをイタリアに最初に伝えたのがかのマルコ・ポーロ。
彼の旅行記である「東方見聞録」によれば、「北京でミルクを冷凍させた”アイスミルク”を味わった」という記述が残されています。それがイタリアのヴェネツィアで好評を博し、イタリアで定着していったと考えられています。これが現在のジェラートの原型になったと言われています。

 

さらに他の説としては、シチリア島から始まったというものもあります。
9世紀前半よりアラブ王サセランに支配されイスラム文化が定着していた頃、地中海、中でもシチリア島は、地理的にも東西の文明がほどよく混在し発展いきます。
そんな中で、アラブのシャーベットの原型である「シャルバート」が伝わり、その後イタリアへと伝わったとの説もあります。

 

イタリアで発展したジェラートは15世紀初頭頃、フランスへと伝わります。
そのきっかけとなったのは、ルネッサンスにも多大な影響を与えたと考えられているフィレンツェの名家メディチ家。その令嬢カテリーナが、多くの専任シェフやアイスクリーム職人を伴ってオルレアン公(後のフランス王アンリ2世)に嫁いだ際、その婚礼の席で様々な果汁を使ったシャーベットが出され、フランス貴族の間で大変な評判となります。
それをきっかけに、フランスをはじめドイツやイギリスの王族へ伝わり、ヨーロッパから全世界へと広がっていきました。

 

ジェラートの歴史についてはこちらも合わせてご覧下さい。
>>アイスクリームの歴史(世界編~その1~)
>>アイスクリームの歴史(世界編~その2~)

 

スポンサードリンク