アイスクリーム・ワールド > アイスクリームの基本知識 > アイスクリームの成分

アイスクリームの成分

アイスクリームは、美味しいだけではなく実は栄養価の高いデザートとしても知られています。それでは、アイスクリームには一体どのような成分で構成されているのでしょうか?ここでは、アイスクリームの風味や食感を決定づける主成分や、アイスクリームに含まれる栄養素などについて解説しています。

 

スポンサードリンク

 

アイスクリームの成分について

乳製品は大きく分けて、クリームやバターなどの「乳脂肪分」と、脱脂粉乳、脱脂練乳などの「無脂乳固形分」、牛乳、全脂粉乳、全脂練乳など両方を含むものに分類されます。

 

乳脂肪分は、アイスクリームの食感や風味に大きな影響を与える重要な成分。
アイスクリームのコクと風味、食感の滑らかさ、組織のきめ細かさ、粘り気など、アイスクリーム特有の旨みのポイントになるのがこの乳脂肪です。
ただし、乳脂肪分の量が多かったり脂肪の組織が不均一だと、空気を含みにくくなり、そのため特有の滑らかさが失われる事からアイスクリームが硬くなり、それがアイスクリームの口あたりを悪くしてしまう原因となります。

 

無脂乳固形分とは、牛乳の中から水分と脂肪を除いた成分。
たんぱく質、炭水化物、ミネラル、ビタミンなどの栄養価を含んでいる部分でもあります。

たんぱく質は、アイスクリームミックスに含まれる水分と結合して氷の結晶の拡大を防ぎ、アイスクリームの質感に滑らかさを与えます。

 

カルシウム、鉄分、マグネシウム、リン、カリウム、亜鉛などのミネラル類は、そのたんぱく質と結びつきアイスクリームを滑らかにします。さらに、糖質に甘みを与え、アイスクリーム特有のコクとまろやかさを与えます。

 

アイスクリームは、これらの乳脂肪分と無脂乳固形分の分量のバランスが重要となり、それによりアイスクリームの質に大きな影響を及ぼすと言われています。

 

アイスクリームに含まれる栄養価

●アイスクリームの成分表(100gあたり)

 

エネルギー 887 kJ (212 kcal)
炭水化物 22.4g
脂肪 12.0g
たんぱく質 3.5g
水分 61.3g
塩分 80mg
コレステロール 32mg
ビタミン ビタミンA 100μg
ビタミンB1 0.06mg
ビタミンB2 0.18mg
ビタミンB3 0.1mg
ビタミンB5 0.72mg
ビタミンB6 0.03mg
ビタミンB9 0μg
ビタミンB12 0.4μg
ビタミンC 0mg
ビタミンD 0.1μg
ビタミンE 0.2mg
ビタミンK 5μg
ミネラル カルシウム 130mg
鉄分 0.1mg
マグネシウム 14mg
リン 110mg
カリウム 160mg
亜鉛 0.5mg

 

スポンサードリンク