アイスクリーム・ワールド > 世界のアイスクリーム > 世界のアイスクリーム トルコ

世界のアイスクリーム トルコ

世界中で幅広く愛されているアイスクリーム。ここではトルコのアイスクリームについて解説していきたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

トルコ発祥のアイスクリームと言えば、ドンドルマ【Dondurma】が有名です。ドンドルマとは、一般的なアイスクリームよりさらに粘り気が強いのが特徴のトルコの伝統的なアイスクリーム。
また、トルコではアイスクリームや氷菓子全般をドンドルマと呼ぶ場合もあります。日本国内では「トルコアイス」として有名。 ドンドルマとはトルコ語で「凍らせたもの」という意味があります。

 

トルコに伝わる伝統的なドンドルマは、砂糖、羊乳、サーレップなどが原料に使われるのが一般的。 サーレップとは、トルコの山岳部に自生するオルキス・マスクラと言う植物などの根を乾燥させて粉末にしたものをお湯で溶かして成分を抽出したもの。 トルコでは、通常このサーレップに砂糖などを加えてドリンクとして楽しみます。

 

ドンドルマは、このサーレップに乳と砂糖を加えた後いったん沸騰させ、その後弱火で約1時間ほどかき混ぜながらヨーグルト状の固さまで煮つめます。 その後冷して固まらせた後に長時間かけて練り込み、繰り返し空気を含ませながら伸ばしていく事で粘着性が強くなっていくのです。これがドンドルマの粘り気の秘密。 ここまでアイスクリームに粘着性を持たせるのは、高温の地域だと普通のアイ

スクリームではすぐに溶けてしまう事から。 ドンドルマは、トルコの風土に合わせ生み出されたアイスクリームなんですね。

 

ドンドルマの基本的なフレーバーはバニラ味や甘めのミルク味ですが、コーヒー味やチョコレート味なども親しまれています。 また、ミルク味に唐辛子を加えて甘く辛く味付けしたユニークなフレーバーも。

 

日本国内で販売されている、いわゆる「トルコ風アイス」は、実は原料、製法ともこのドンドルマとは全く別のものです。 トルコ風アイスとして商品化されているものの多くは、原料にサーレップを使っておらず、代わりに海草などから抽出した原料により粘り気をつけています。
ドンドルマを作っているところ
ドンドルマを作っているところ

 

スポンサードリンク