アイスクリーム・ワールド > 世界のアイスクリーム > 世界のアイスクリーム ドイツ

世界のアイスクリーム ドイツ

世界中で幅広く愛されているアイスクリーム。ここではドイツのアイスクリームについて解説していきたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

ドイツのアイスクリームは、その発祥がドイツに渡って来たイタリア人のアイスクリーム職人である事から、イタリアのアイスクリームに強い影響を受けています。
ドイツは乳製品が特に豊富なため、それがアイスクリームにも大きく影響を受けています。
ドイツのアイスクリームは生クリームがトッピングとしてたっぷりかかっているのが一般的。
アイスクリームは総じて「シュパイゼアイス」と呼ばれ、その製造法の違いでも名前が区別されています。

 

ドイツを代表するアイスクリームと言えば「スパゲティアイス」。
アイスクリームをスパゲティ状に絞り出し、その上にストロベリーソースなどをかけたものです。
このスパゲティアイスは、イタリア人のアイスクリーム職人が、イタリア独特の盛りつけを演出しようとして作った事が始まりとされています。

 

現在では、アイスカフェ/アイスサロンと呼ばれる専門アイスクリームショップから、大型スーパーマーケットなどでも各アイスクリームブランドの商品が並んでいます。
他にも、フルーツなどのトッピングに、様々なタイプのソースやリキュールがかかっているパフェ(ベッヒャー)や、バニラのアイスクリームに、温めたフランボワーズ(木いちご)ソースやチョコレートソースをかけたもの等もあります。

 

また、ドイツでは衛生管理や食品添加物の規制が厳しく定められています。そのため、アイスクリームの製造や販売を行うには特定のコースを修了する必要があります。

 

スポンサードリンク